暖かく・楽しいキッチン

アイランドキッチンにリフォーム

快適だった住まいですが 「 キッチンの結露がひどすぎる! 」とお考えだったⅠ様。断熱とキッチンリフォームをご依頼くださいました。

I型の壁付けをアイランドキッチンに変更。
回遊動線はラクに、新しい水まわり設備と食洗機で、快適に楽しむための住まいが誕生しました。

HOUSE DATA

HOUSE DATA

静岡県富士市・Ⅰ様邸
築年数:45年
建物種別:戸建住宅
工事面積:6坪
間取り:5LDK
工事内容:水まわりリフォーム

Ⅰ様のご要望

不安と不便を解決したいというⅠ様のご要望はこの3つ。

  • 結露を防ぎたい。
  • 対面キッチンにしたい。
  • 北側なので、暖かくしたい。

「不安と不便を解決して快適に過ごせる家にしたい」
とのご希望でした。

リフォーム途中経過

Ⅰ様のリフォームは以下のような工事を行いました。

既設キッチンや壁のステンレスを撤去します。下地や補強、腐朽の補修や配管の見直しを行います。

キッチン立ち位置の下と対面側の床下には床暖房を敷設。すぐに暖まるので冬も安心。

窓は全て断熱性能の良いハイブリットサッシに交換。外気に面した壁には、真空断熱パネルを施工。結露ゼロ。

キッチンリフォーム完成しました!

Ⅰ様のキッチンリフォームが完成しました! 完成後の様子を、少しご紹介します。

キャスター付き家電収納ワゴン

大理石のテーブル天板を加工して製作した家電収納ワゴン。キャスターを付けたので、どこにでもお好きな場所に移動できます。
キッチンの背面壁にはモザイクタイルを施工。

大工・建築士の
輝臣より

水まわりや間取りをリフォームをする場合、既存の柱などの構造体が障害になってしまうケースが多々あります。
全体の構造を確認し、必要な補強をしていけば可能な工事もたくさんあります。 水まわりの配管移動も老朽化した配管を見直したり、柱などを見せるようにそのまま残したり、比較的自由に間取りを変更したり出来ます。

北側の薄暗いキッチンでしたが、掃き出し窓に変更することで勝手口兼用にもなり、壁がなくなったので床まで光が届くようになりました。

あわせて床暖房と真空断熱パネルの効果で、少ない温度設定でお部屋の保温持続が長くなり大変喜ばれていました。

季節の温度差を気にすることなく、これからもお料理をお楽しみください。この度は、ありがとうございました。

キッチンリフォーム

前の記事

耐震補強工事と一緒に
キッチンリフォーム

次の記事

定年後の快適な住まい