つくり手 creator

creator01

自社大工だからできる、
揺るぎない家づくり

大工道具
「有限会社 村松建築」は、自社大工を有した数少ない設計工務店です。
住宅メーカーによる工業製品型住宅とは一線を画した私たちのフルオーダーメイドな家造り。この核になるのが、創業以来40年以上も続く「自社大工」による家造りです。「自社大工」だから、設計者の考えがいつでも的確に伝わります。これにより、設計と施工が一体となった家づくりが実現します。

無垢材にふれると、つい顔がほころんでしまう。

代表兼親方 村松正吉

今は少なくなった、無垢の材料や日本間。最近の住宅は、芯材に表面シート加工した材料を使うことが多くなった。無垢より安いし、品質も安定している。しかし50年近く大工をやってきた今でも、無垢の材料と出会うと、大工としての心が高ぶる。今は親方だから、現場ではウチの大工たちに作業を任せることが多い。大工として脂ののった職人ばかりだから、安心だ。しかし無垢の材料だけは、自分の目立てしたノコで引きたいし、愛用の鉋で削ってもみたくなる。長年使い込んだ尺の定規も無垢材にしっくりと馴染む。無垢材と尺定規。大工になってよかった。

親方

理想デザインを共有できる、
設計打ち合わせが大好きだ。

設計・大工兼工務 村松輝臣

設計士になる前は、大工として設計の意図やお客さんの想いをくみ取れるように考えながら工事していた。住宅設計を自分自身でやるようになってから、図面引きをスムーズに進めるには、施主さんご家族の話をよく聞く「耳」が必要だと痛感した。そして設計士として譲れない箇所をハッキリと言える「口」も必要だとわかった。安全を怠るわけにはいかないからだ。だから自分の設計は、施主さんとのひざ詰め打ち合わせが基本だ。施主さんの都合で深夜までの打ち合わせが続いたこともあった。でも楽しくて、仕方がなかった。自分でも驚くほど、会話をする家造りが好きなのだ。

大工の建築士

creator02

高い精度、気配りをも備えた
自社大工の育成。

「有限会社 村松建築」には自社工場が敷地内にあり、構造材からオーダーメイド家具など、材料の仕様確認や変更の際にも、設計担当者・大工がすぐに顔を合わせて打ち合わせができる環境です。
また工場では、精度の高い技術を持った大工育成のため、熟練大工が若い大工たちを鍛えています。
もちろん、現場での気配りの大切さも受け継がれます。
上下関係が厳しい職人の世界で継承される、技術と心。これこそが、「有限会社 村松建築」家造りの原点です。

現場勝負の手作りの家が、
大工としての誇りだ。

大工兼工務 遠藤拳成

高校を卒業して大工になった。
上下関係が厳しい世界だと思っていたが、自分にとっては居心地のいい場所となった。
親方から大工道具を貰った。親方の自腹だ。その夜は嬉しくて、大切にしまったものだった。 あれから3年近くが過ぎた。自分たちが建てる家は、現場勝負の手作りの家だ。施主さんとも気さくに話しながら、この家について大工としての思いを語る時間が好きだ。

若い大工
creator03

家造りを天職とした、
職人の五感が冴える。

造作オーダーキッチン
「有限会社 村松建築」には70才を超えた職人が元気に仕事をしています。
半世紀以上にわたり住宅造りに携わった、熟練職人の目利き。熟練の目利きは、ミリ単位の精度を可能にします。
この熟練の目利きがあるからこそ、細部に渡り、しっかりとした造り込みが可能となるのです。
私たちの現場には、住宅造りを天職とした職人の五感が冴え渡ります。
creator04

住み継がれるに相応しい、
家造り。

施主さんご家族に馴染んでいく「家」を造ること。これが私たち「有限会社 村松建築」の理想です。
洗練されたデザインは、安全性も兼ね添えている。
引き渡しから始まる、私たちと施主さんご家族との新しい関係。
私たちは長きにわたり、お建ていただいた「家」を見守る「無償点検」を行なっております。
そして、ご家族の成長に見合ったご提案もさせていただきたいと考えます。
リノベーション リフォーム

リフォームやリノベーションの技術スキルが、

━ とてつもない ━

あなたの住まい「暮らしを変えたい」想いを実現しています。