2階にあるお風呂

浴室リフォーム

2階に浴室のある住まい「子供達とゆったりと過ごすことのできる住まいを」とお考えだったM様。老朽化した浴室からバリアフリーリフォームをご依頼くださいました。

ハーフユニットを設置してありましたが、汚れも酷いので段差のない快適な空間に。
細長い廊下の壁を無くし、LDKを広く対面キッチンに、家族で楽しむための住まいが誕生しました。

HOUSE DATA

HOUSE DATA

静岡県富士宮市・M様邸
築年数:35年
建物種別:戸建住宅
工事面積:15坪
間取り:2LDK
工事内容:間取りリフォーム

M様のご要望

広々とした空間が気に入っているというM様のご要望はこの3つ。

  • 南向きの日差しの良いリビングを、さらに広くしたい。
  • 対面キッチンにしたい。
  • お風呂の段差をなくしたい。

リフォーム途中経過

M様のリフォームは以下のような工事を行いました。

お風呂の撤去後の床は脱衣室の床と同じ高さにあったため、床合板も撤去。

2階まで、少しづつユニットバスの部材が搬入されていきます。

既存の断熱材はそのまま、メンテナンスも1階の天井裏からできるようにユニットバスの設置は専用の吊り架台でバリアフリーに。

間取りリフォーム途中経過

M様の間取りリフォームの途中経過を少しご紹介します。

床遮音工事

階段を上がると細長い廊下で各部屋を仕切っていましたが
壁は撤去しても柱は残してリビングアクセスにしました。

大工・建築士の
輝臣より

時代が変わるにつれて、色々な商品が開発されていきます。
建築当初は最新型でも、時と共に不自由さを感じてしまうものです。 私たちは予算に合わせて、できるだけの改善提案をしていきます。

建物や構造に支障がある場合は、ご相談の上で別の改善策を考えます。 今回のようなリフォームでは、学校から帰ってきた子供達が、すぐに自分の部屋に行けないようにリフォームしました。

考え方は住まわれる方次第ですが、リフォーム後は楽しくお過ごしいただいています。

すっかり生まれ変わった空間で、これからも仲良くお過ごしください。この度は、ありがとうございました。

    浴室介護改修

    前の記事

    お風呂へ行くための手段
    浴室リフォーム

    次の記事

    欲しかった床を温めるシャワー