腐り、シート貼り建材の補修

シート貼り建材の補修

様々な人たちが住む賃貸マンション「大きな工事にせず修繕したい」とお考えだったM様。先を見越した枠材リフォームをご依頼くださいました。

HOUSE DATA

HOUSE DATA

静岡県富士宮市・M様邸
築年数:25年
建物種別:賃貸住宅
工事面積:4坪
間取り:3LDK
工事内容:建材補修リフォーム

M様のご要望

賃貸の管理をおこなっているというM様のご要望はこの1つ。

  • シート貼りのめくれ、膨れをすべて直して欲しい。

「傷みが少なくメンテナンス性に優れた物件にしたい」
とのご希望でした。

リフォーム途中経過

W様のリフォームは以下のような工事も行いました。

水まわりや、水のかかる恐れのある部分には注意が必要です。す

同じような雰囲気の樹脂板で作り直しました。

シート貼り建材の補修リフォーム完成しました!

大工・建築士の
輝臣より

古くから、「適材適所」という言葉があります。
高い材料にも理由があるように、安価な材料にも理由があると思います。 新建材としていろいろなものが出ています。すべてが良くない商品ということではなく、使う場所を選ぶ必要はあると思います。

水のかかる恐れのある場所に使用する場合は、切断面に水が染み込まない工夫が必要です。 穴が空いてしまったり、傷をつけてしまった場合も、水分が染み込む前に対処すれば長持ちすると思います。

綺麗になったお部屋を、沢山の人が利用してくれる事を願います。

浴室換気乾燥暖房機

前の記事

お風呂はそのまま、暖かく