2018 村松建築 ロゴ

お問合わせ
0545-61-8482

 

 

身体に負担の少ない バリアフリー

南側の田んぼが宅地になった住まい「北側寄りに建てられても明るさと暖かさを確保できる住まいを」とお考えだったF様。採光取得リフォームをご依頼くださいました。

プライバシーを確保し、2世代家族が一緒に過ごせるための住まいが誕生しました。

リフォーム前の様子

HOUSE DATA

静岡県富士市・F様邸
築年数:30年
建物種別:戸建住宅
工事面積:9坪
間取り:5LDK
工事内容:採光取得リフォーム

F様のご要望

和風な住まいが気に入っているというF様のご要望はこの2つ。

  • 明るいリビングにしたい。
  • 断熱対策として、内窓を付けたい。

イメージ

「明るさと暖かさを確保できる住まいを」
とのご希望でした。

リフォーム途中経過

F様のリフォームは以下のような工事を行いました。

2Fの居室床にあたるリビングの天井を抜きます。

抜いた2F居室に間仕切り壁を作ります。

ご希望の化粧梁を入れ、石膏ボードで被覆します。

採光取得リフォーム完成しました!

F様の採光取得リフォームが完成しました! 完成後の様子を、少しご紹介します。

快適に明るいリビング

リフォーム前

空いていた2Fのお部屋。床を部分撤去して構造の確認。既存図面と一致したので大きく開口して吹抜け製作に移りました。

しっかりポイント
屋外からの熱を遮る断熱材

もともと断熱材の入ってなかったお住まいは、屋根や外壁に当たる太陽熱が伝わりやすいです。
そこで、今回は壁を作り直したので新たに断熱材を追加しました。お風呂の保温効果もよくなり、省エネにもつながります。

こちらにはペットボトルを再利用したエコな断熱材「パーフェクトバリア」を使用しています。

パーフェクトバリアのHPへ


大工・建築士 輝臣より

床を撤去するようなリフォームをする場合、図面と構造が違っている時もあります。
勢いで撤去作業などをおこなうと、必要な構造体を傷つけてしまう場合があります。 床下に潜れれば目視で確認できるので、より確実な工事をすることができるでしょう。

今回お住まいは2Fの床。周りには大きな梁で囲まれていて工事箇所まで行けないので、図面をもとに開口し始めました。

窓も新しい内窓を設置、F様は冬の寒さをご心配でしたが、リフォーム後は快適にお過ごしいただいています。

すっかり生まれ変わった空間で、これからも元気にお暮らしください。この度は、ありがとうございました。

ページトップへ戻る